母子手帳はいつどこでもらう?申請方法と必要なものまとめ




妊娠が確定となりいよいよこれからマタニティライフの始まり!さて、まずは何をすべき?といえば、「母子手帳を受け取る」ことでしょう。
母子手帳は、妊婦さんの健康状態の管理や妊娠中の赤ちゃんの状態を記録していく健康記録のようなもので、出産後の育児においても数年間は使用することになります。

でも、母子手帳って一体どこでもらえるの?そして、いつのタイミングでもらうの?申請方法や必要なものって?そもそも母子手帳って何?など、いろいろと疑問が浮かんできますよね。

ここでは、母子手帳をいつ・どこで申請するのか、また申請に必要な書類や母子手帳のメリットなどを一挙にまとめました。また、筆者が実際に母子手帳をもらった時に受けた案内や書類なども併せてご紹介していくので参考にしてみてくださいね。

母子手帳とは

母子手帳とは、正式には「母子健康手帳」と言い、市区町村ごとに交付されます。母子手帳の内容は、基本的には下記のような項目です。(発行する市区町村によって多少の違いはあるかと思います)

妊婦や産婦人科の記入項目

  • 妊婦の健康状態等/妊婦の職業と環境
  • 妊婦自身の記録
  • 妊娠中の経過
  • 検査の記録
  • 母親(両親)学級受講記録
  • 出産の状態/出産後の母体の経過
  • 早期新生児期の経過/後期新生児期の経過/検査の記録 他
  • 保護者の記録と乳幼児健康診査の記録(1か月〜6歳)
  • 予防接種の記録(1)〜(5)
  • 今までにかかった主な病気
  • 歯の健康診査、保健指導、予防処置

母親・父親の育児のための情報

  • 健やかな妊娠と出産のために/胎児発育曲線
  • 妊娠中と産後の食事
  • 生後約4週かんまでの赤ちゃん(新生児)注意したいこと
  • 赤ちゃん・子供の病気やけが
  • かけがえのない命を事故から守る
  • 子育てサポートの相談先/相談先メモ
  • 育児のしおり(子育てのスタート〜6歳ごろ)
  • 乳幼児期の栄養/離乳食の進め方の目安
  • 歯と口の健康
  • 子育てを応援する制度1 – 働く女性・男性のための出産、育児に関する制度
  • 子育てを応援する制度2 – 一時金や手当など
  • 子育てを応援する制度3 – 主な医療給付の制度
  • 知っておきたい救命手当
  • 連絡先メモ

このように、母子手帳には妊娠や出産の経過だけではなく、子どもの小学校入学前までの健康状態や発育、予防接種の受診結果を一貫して記録していくことができます。また、子どもの年齢に応じた育児にまつわる情報も網羅されているのでしっかり熟読するとある程度の知識をつけることができるでしょう。とはいえ、端から端まで熟読している人の方が少ないかもしれませんね^^;

なぜ必要なの?

母子手帳は、妊娠した人が必ず持つものとして認識している人は多いと思いますが、なぜ必要なのか?までは理解していないことが多いですよね。

母子手帳は、産婦人科での毎回の健診時はもちろん、妊娠中の外出時・出産後の赤ちゃんとの外出時なども携帯した方がベターです。例えば、お出かけ中の妊婦さんの身体に異常が発生したときや、産後に赤ちゃんの様子がおかしいというときに、いつもとは違う病院に急きょ行く必要に迫られた場合、かかりつけの医師以外の医師や看護師が処置をすることになるかもしれません。

そんな時に、母子手帳があれば妊婦さんのこれまでの経過・状態や緊急連絡先など、いざというときに必要な情報がすぐにわかります。そうすれば、スムーズに適切な処置ができて、必要な人に連絡することができますよね。

一人の身体ではなくなった妊婦さん、守るべきものを抱えるママにはとっても重要な手帳なんです。

いつ・どこで受け取るのか

では、母子手帳はいつ・どこで受け取るのか詳しく解説していきます。

受け取る時期と場所

受け取る時期としては、「病院で妊娠確定の診断を受けたら」となります。私自身は、かかりつけの産婦人科の医師から「赤ちゃんの心拍が確認できたので母子手帳をもらってきてね」と言われました。
このように、通っている病院から受け取るタイミングを言われることが多いとは思いますが、もし言われなくても妊娠が確定し心拍が確認できたときには母子手帳をもらいに行きましょう。

母子手帳を受け取る場所は、ご自分の住民票がある地域の自治体です。私は東京都渋谷区に在住してましたので、渋谷区役所に受け取りに行きました。

また、受け取る際には、妊娠届を提出する必要があります。妊娠届は、産婦人科などで発行してもらうか自治体の窓口で書くの2パターンになるでしょう。

自治体の窓口で妊娠届を書く場合は、本人または代理人が必要事項を記載する必要があります。妊娠届には、マイナンバー(個人番号)・妊娠週数・出産予定日・妊娠の診断を受けた医療機関名・医師名の記入欄などがあります。そのため、窓口に行く際には、これらの情報がわかっている必要があります。そして、受け取る人の身分を確認できるものも必要です。

妊娠届は自治体のWebサイト上からダウンロード可能なケースもあるので、印刷して事前に記載したものをもっていくとスムーズかもしれません。お住いの自治体のWebサイトを確認してみてくださいね。

代理人でも受け取れるの?
妊婦さんによっては、「つわりが辛くて外出はなるべく控えたい」「仕事をフルタイムでしているため平日に時間を作るのが難しい」といったケースもあるでしょう。そんな時は、代理人(夫や両親 等)でも妊娠届の提出及び母子手帳の受け取りが可能になっています。下記で申請時に必要なものをまとめてますが、それに加えて代理人の身元確認ができるものも必要になってきます。
また、妊娠届の記載項目には妊婦の両親の生年月日や連絡先などを記載する項目もあるかと思うので、本人でないとわからないような項目については事前に聞いておくとスムーズです。

母子手帳の申請方法

申請方法は、各自治体によって多少異なるところがあると思うので、必ずご自身でもWebサイトや電話をするなどをして確認をした上で申請しましょう。申請に必要なものは、大きく分けてマイナンバー(個人番号)が確認できるものと身元の確認ができるものです。

  • 必要なもの
    • 個人番号の確認ができるもの(妊婦本人)
      • 個人番号カード
      • 通知カード
      • 住民票(マイナンバーの記載があるもの)
      • ※上記のいずれかを持参

    • 身元の確認ができるもの(妊婦本人)
      • 運転免許証
      • パスポート
      • ※上記のいずれかを持参

    • 印鑑

    交付されるもの

    妊娠届を自治体に提出すると、母子手帳だけではなくさまざまな助成や給付金の申請書類なども付帯してきます。さまざまな支援制度があるのでここで簡単に紹介させていただきます。

    妊婦健診費の公費助成

    妊婦健診費の公費助成とは、妊婦健診など病院での健診費用を自治体が助成してくれる制度です。

    妊婦健診は病気とは違うため保険の適用がされず自費診療となってしまいます。そのため、毎回の健診費用は経済的負担にもなりますよね。できるだけその負担を軽減するということで、健診費用の総額から助成額が差し引かれます。

    Ayaka
    私の場合は、渋谷区のレディースクリニックに行ってますが、この公費助成の受診票を持参したときの費用はだいたい2000円ちょっとくらいです。病院によって値段が違うそうですね。
    ただ、妊婦健診の1回目や、それ以降に発生してくる血液検査などの追加検査をする場合は1〜2万円かかる時もあります。

    また、

    • 妊婦超音波検査受診
    • 妊婦子宮頸がん健診受診

    も助成金を差し引いた額で受診することができます。

    妊婦歯科健康診査

    妊娠中は、虫歯になりやすいなど歯の病気にも注意が必要になるようです。また、妊娠中に虫歯になっていると生まれた赤ちゃんも虫歯になる確率が高まってしまうそうです。そのため、自治体の指定歯科医療機関において妊娠中1回だけ無料で受診できる受診票も交付されました。

    赤ちゃんのためにもしっかりと予防・改善をした方が良さそうですね!

    助成内容は自治体によって変わるようなので、こちらも気になる方は各自治体Webサイトなどで事前に調べてみてくださいね!

    もらった母子手帳をなくしてしまったら?
    母子手帳は無料で再発行できるようなので、まずは落ち着いて対処しましょう。お住いの地域の自治体で「母子健康手帳再交付申請書」を提出することで再発行が可能です。ただ、それまでに記録していた内容はもちろん白紙になってしまいます。記録の内容は、妊婦健診や出産時、成長の記録や産後の予防接種の記録等です。受診した病院にはカルテなど情報も残っているはずなので少しずつ復元していくと良いでしょう。

    ただし、妊婦健診費の助成が受けられる受診票については再発行ができません。この受診票がないと妊婦検診の費用が全額負担になってしまいますので、これだけは死守したいところです。。。!

    里帰り出産の場合

    里帰り出産を考えている場合にも、今現在、住民票がある地域の自治体から母子手帳やその他助成の書類を受け取りましょう。(くれぐれも、里帰りをする前に!)受け取った母子手帳は、里帰り先でもそのまま使えます。ただ、妊婦健診の受診票については里帰り先では使えないので、健診費用は実費になります。
    ただし、そこで支払った領収書などをとっておくと実費で払った金額についても、里帰り先から戻った時に助成してもらえるケースもあるようです。詳しくは、お住いの自治体に問い合わせてみましょう。

    Ayaka
    私の場合は、妊娠9か月に入るまでは住民票がある東京都渋谷区の産婦人科で健診を受けていたので、ギリギリまで妊婦健診公費助成の受診票を使ってました。
    里帰り後は、妊婦検診の頻度が週に1回になり合計で4回ほど健診があると思うので、その際の領収証は全て保管しておいて落ち着いたら渋谷区に、助成可能かどうか問い合わせてみる予定です!

    引っ越した場合

    もし、母子手帳を受け取った後に別の自治体のエリアに引っ越すことになった場合は、妊婦健診公費助成の受診票は引っ越し先では使えなくなります。
    その場合は、転居した自治体の役所や保健所に母子手帳と未使用の妊婦健診公費助成の受診票等を持参すると、その地域で使えるものに交換してもらえます。母子手帳については、そのまま持っているものを使えるところが多いようです。

    おまけ:可愛いくて便利な母子手帳ケース

    母子手帳は妊娠初期から出産後、子供が小学校に入学するまでの6年間も長く使うものです。また、使う期間が終わったとしても、我が子との思い出としてずっと保管していくものになるでしょう。
    そんな大切で使用頻度も高い母子手帳をいつも持ち歩きたくなるような可愛いケースに入れると見た目だけでなく便利さもアップします。

    妊婦さんやママは何かと荷物が多くなりがちです。例えば。、病院の検診カードや妊婦健診公費助成の受診票、健診がおわったら毎回もらう領収書、検査結果など紙がたくさん増えます^^;
    そんな時に、機能的で可愛いケースがあれば必要書類などを整理整頓できて管理もしやすく持ち運びもとっても便利になります。

    私はアニエスベーのこちらを買いました!

    小分けにできるようになっていてとっても便利ですよ〜

    まとめ

    ここでは、母子手帳をいつどこでもらえるのか、申請方法や交付書類等について解説しました。母子手帳をゲットして、各地域の支援制度や助成金について確認してみるとこれからのイメージが湧いて少し安心できると思いますよ。

    これから約10か月のマタニティライフも母子手帳とともに、楽しんでくださいね!